「副作用が出ない」は嘘!?引き起こす4つの原因

副作用の原因

 

ピンキープラスは副作用が出にくいバストアップサプリです。

 

最近、口コミで「ピンキープラスに副作用がある」、「副作用が出ないは嘘」というものがあるようです。

 

ピンキープラスと言えば、副作用のない安全性の高いバストアップサプリで人気のサプリです。

 

バストアップサプリと言えばプエラリアが入っているものがほとんどです。

 

プエラリアは用法を守って飲んでも副作用が出る可能性があります。

 

そのためピンキープラスでも副作用気になる方も多いようです。

 

現実的には用法さえ守れば副作用のない安全性の高いサプリだといって良いと思います。

 

ただし、あることをするとピンキープラスでも副作用を引き起こす可能性があります。

 

4つの原因!

 

  • 過剰摂取
  • 妊娠中や授乳中の服用
  • 生理中の服用
  • 飲酒

 

この4つのことを行うと、

 

生理不順、不正出血、体調不良、頭痛、腹痛…etc

 

などの副作用を起こす可能性があります。

 

過剰摂取

 

特に副作用が起きた方で多いのは、過剰摂取です。

 

ピンキープラスは即効性がないので、早くバストアップがしたいといって過剰摂取をする方がいます。

 

でも過剰摂取したからと言って早くバストアップすることはないし、副作用が起きる可能性が高くなるので絶対にやめてください。

 

妊娠中&授乳中

 

妊娠中や授乳中はホルモンのバランスが非常に不安定で、体調不良を招く恐れがあるので絶対に飲まないようにしましょう。

 

胎児や乳児にも悪影響を及ぼす可能性があるのでやめてくださいね。

 

生理中

 

ピンキープラスは毎日飲み続けることでバストアップをすることができます。

 

そのため、生理中もなるべく飲み続けたほうがいいのですが、2粒飲むとホルモンバランスが崩れて副作用が出てしまう可能性があります。

 

1粒だけ飲むか、生理中の間は飲むのをやめましょう。

 

飲酒

 

ピンキープラスは女性ホルモンを増やす作用があり、女性ホルモンにはアルコールを分解する作用を抑える効果があります。

 

そのためお酒を飲むと悪酔いしたり、肝臓に凄く負担がかかってしまいます。

 

また、お酒を飲んだ後にピンキープラスを飲むとホルモンバランスが乱れやすくなるので、ピンキープラスを飲んでいるときは飲酒は控えてくださいね。

 

ピルと併用するのは大丈夫?

 

副作用の原因がわかったら公式サイトをチェック!